無気力雑記

引きこもりニートの雑記

ニートのまま30代に突入して1年経った感想

f:id:mutr:20201110170135p:plain


俺は29歳の時からニートをしていて今31歳なのでニート2年目になる。

思えば30代になってからは一度も働いたことがない。

ニートのまま30代に突入して1年経った感想を書いていきたい。

 

ニートブログで生きていけると確信した。

アプデ後アクセスが半分くらいまで落ちていたが、最近はかなり回復している。

1日600PVくらいあればyoutubeもあるしだいぶ余裕を持って生きていける。

以前はニートジャンルでブログを立ち上げたことを後悔したことがあったけど

今は逆に無職ニートジャンルでブログをやったのは大正解だったと感じている。

なぜなら、同じような無職ジャンルで俺より10倍以上PVがあるブログがあるからだ。

解析によるとマリモンさんとかマーシーさんは月30万PVくらいアクセスがある。

これはブログ全体も見渡してもマナブログの次くらいに凄いレベルだと思う。

 

無職ジャンルは時代にも合っており、それなりにニーズのあるテーマだから廃れることもない。

サブの副業とかアフィリエイトについて書いているブログはあんまり伸びていない。

これからは無職ブログでフリーランスになるというのが流行るのではないか?と踏んでいる。

 

ニートブログはこれから熱いな。

働かずに生きていく為のスキルが向上した。

ニート生活を続けていて一番変化したのは働かずに生きていく為のスキルの向上だ。

本は50冊くらい買ったし、ビジネス系の知識はかなり蓄えられた。

マーケティングとかライティングに関してはフリーランスの人並に上達したと感じる。

スキルが付いてくると作業時間を短く出来るから、暇になった時間でさらに知見を高められる。

スマホもしくはPC1台あれば引きこもりながらでも生きていけることも確信した。

ただスキルという名の武器を振りかざしすぎたせいか人が離れていくのも色々経験した。

ぶっちゃけ意識低い系のニートには俺の考え方は共感出来ないはず。

変化することにより間関係が変わるのはよくあることだからあんまり気にしていない。

 

1ヶ月立つのが早く感じるようになった。

ニート二年目くらいから1ヶ月経つのが異常に早く感じられるようになった。

月が始まったと思えば、あっという間に終わるような感覚。

何もしていないわけではなくて、むしろ充実しているから半年前の動画を見ると大昔に思える。

走馬灯のように時が過ぎていくけど、俺自体は超速で成長し続けている。

ブロガーになってからは光に包まれているというかマジで奇跡みたいな日々を過ごしている。

これがいわゆるキラキラした日常というヤツだろう。

まぁ退廃的な毎日を送っている無職ニートには理解出来ないだろうけど。

 

ニートはストイックさが求められる

ニートはゲームをしたりだらだら自堕落に過ごしてもどんどん闇落ちしていくだけ。

働かない生活を維持するには、ストイックに自分を律する必要がある。

休む時は休む、ブログ書いたりする時はガッツリやるとメリハリを付ける。

たまたまバズったり収益が出ても調子に乗らずに、さらに次の一手を考える。

節約しつつ、利益が出たらを自己投資に回して次の勝負を仕掛ける。

慣れればゲーム感覚で生きていくことが出来るが、遊びに走るとだいたい失敗する。

マニュアル化されたサラリーマンより全部自分で考えないといけないから大変だ。

ニートもフリーランスもストイックじゃなければ生き残れない世界。

俺もそうだけどやっぱりニートは自分に甘い人が多い気がする。

 

ニートこそストイックさが必要なのだ。

社会復帰することはたぶんない。

2年もニートを続けていると働かない生活が骨の髄まで染み付いてくる。

色々と手遅れになってるから今から社会復帰するのは無理だろうな。

20代までならバイトするのもアリだったけど30代で働くと気を使われる立番になる。

30歳になってからは引きこもりニートという生き方を極めようと決意した。 

とはいえ貯金が尽きたりすれば、期間工等で働かざるを得ない時が来るかもしれない。

ブロガーは不安定な生き方ではあるが将来の不安は不思議と無かったりする。 

元々10年フリーターをやっていたダメ人間だからまともな人生とか捨てている。

社会復帰せずにこういうので一発当てるというのが最適解なのである。

 

まとめ

とりあえずニートジャンルでブログを始めてよかったなと感じている。

働かない生活を維持するのは努力も要るし、ストイックさが必要だ。