無気力雑記

引きこもりニートの雑記

セミリタイアが退屈でつまらない理由。毎日夏休みは飽きる。

f:id:mutr:20201203214627p:plain

俺はニートをしながら半リタイア生活をしている。

毎日会社に出勤する必要もなく24時間自由な身である。

セミリタイアは退屈でつまらないと感じたから書いていきたい。

 

 

セミリタイアは退屈でつまらない

セミリタイアに憧れている人は多いが、することなくて退屈でつまらないと感じている。

俺は平日昼間からネカフェに行ったり神社巡りをしたり温泉に行ったりしている。

一通り行きたい場所にも行ったし、これが後何十年も続くのかと考えると途方もない。

昼間から外をほっつき歩いていても世間体は無職となんら変わりない。

つまり社会のリズムと外れた行動をしていると世間体が悪く大して楽しめないのである。

家に引きこもっていてもブログを読んだりyoutubeをひたすら見て時間を潰すくらいだ。

30代にして人生逃げ切ってしまったわけだがセミリタイアは暇すぎてすぐに飽きる。

しかし会社に雇われて働くのはもっと退屈でつまらないからリタイア自体は続ける。

自由すぎるリタイア生活に飽きて職場復帰する人も少なくないらしい。

 

毎日夏休みであることの不自由さ

会社員は何時に出勤して何の仕事をしていつ退社するかまでマニュアルが決められている。

しかしリタイアすると毎日夏休みだから自分で考えて人生をクリエイトしなければならない。

金を自由に使えるリタイア者は、明日はゴルフ、明後日は競馬、次明後日は温泉みたいに奔放に生きられる。

貧乏なリタイア者は毎日引きこもってテレビやNetflixみたり安い娯楽で人生を消耗する。

リタイア生活を充実させるにはルーティンを確立させて何かしら成長出来る要素を取り入れる必要がある。

つまりは自分が主人公のRPG感覚で生きていくことが大切なのである。

自己中心的と言われようが世の中、図々しく生きた方が得みたいなところはある。

 

セミリタイアに憧れる人が急増中

f:id:mutr:20201202234253p:plain

Googleのトレンドを調べるとセミリタイアへの注目度が高まっていることが分かる。

要はまとまった金を貯めて人生逃げ切ろうという甘い考えの人間が増えているわけだ。

 

セミリタイアを謳歌出来る人間の特徴として

・ビジネスの知識が豊富で稼ぐ力がある

・一生働かなくても生きていける貯金がある

・親が金持ちのニート

・趣味や特技を収入に変えられる。

 

以上である。

貯金が1000万以上あろうとも働かずに稼ぐ力が無いと貯金が減っていく恐怖に囚われる。

会社を辞めて安易にセミリタイアの道に進むと極貧生活が待ち受けているのである。

セミリタイア生活を謳歌出来るのは影響力や不労所得のある強者だけだという事実。

つまりはサラリーマン脳のままセミリタイアしてしまうと痛い目を見る可能性が高いのだ。

数万でも不労所得がある状態を作らなければどれだけ貯金があっても人生に安堵は訪れない。

現実問題、投資や事業で成功でもしない限りはまともなリタイア生活を送ることは難しい。

しかしながら会社を辞めて社畜から抜け出したいという方向性は悪くないだろう。

 

 

セミリタイア生活を楽しむコツ

退屈でつまらないセミリタイア生活を楽しむコツは

・人生哲学者になる。

・お金稼ぎに没頭する

・旅するノマドになる。

・常に新しいことに挑戦する

 

 

セミリタイアのメリットとして毎日夏休みで膨大な時間が有り余っていることだ。

リタイア生活を充実させるにはいかに時間を有効に使っていくかがカギとなる。

 

1つ目は本を読みまくって知識を増やすことに楽しみを見出す哲学者になること。

知識には終わりが無く脳内を拡張していける為、一生暇つぶしをすること出来る。

読書はブログとの相性もよく知識をアウトプットすれば金のなる木が完成する。

ブログやアフィリエイトでセミリタイアした人は哲学者への道を歩む者も多く存在する。

 

2つ目は軽くアルバイトを入れたり、副業を始めてお金稼ぎに没頭すること。

今は何もしなくても自分一人生きていけるくらいの金は入ってくる状態にあるが

妥協せずに作業して収入を青天井にスケールさせていくのもアリだろう。

ぼーっとして何もしないよりも生産性のあることをした方がリタイア生活にも張りが出る。

 

3つ目はノマドワーカーになって旅しながら生きていくことだ。

世界を旅行しながら生きていけば新たな出会いや発見があり冒険感覚で生きられる。

旅するノマドはネットビジネス等でまとまった収入がある場合は実現可能である。

海外旅行やハワイなど理想的なリタイア生活をするにはそれなりに能力が必要になる。

 

4つ目は常に新しいことに挑戦する姿勢を持つことだ。

リタイア生活における最大の敵は停滞感やマンネリである。

ナンパしたりyoutubeで大食いしたり新しいことに挑戦して現状を打開する術を持つ。

 雇われない生き方を成立させるにはどこか狂ってなければならないのだ。

 

まとめ

セミリタイア生活は退屈でつまらないが工夫次第では楽しくすることも可能。

サラリーマン脳のままリタイアすると失敗するのでスキルを付けてから会社を辞めよう。