無気力雑記

引きこもりニートの雑記

ブルーカラーの仕事が負け組底辺と言われる理由とは?

f:id:mutr:20201217161232j:plain

ネットを見ているとブルーカラーは負け組や底辺であるとよく言われている。

俺は今まで工場や倉庫といったブルーカラーの仕事ばかり経験してきた。

なぜブルーカラーは負け組底辺と言われるのか書いていきたい。

 

 

ブルーカラーの仕事が負け組底辺と言われる理由

3Kでしんどい

ブルーカラーの仕事はキツイ、汚い、危険の3Kと呼ばれておりネガティブなイメージがある。

たしかに工場や倉庫は一日中立ち仕事でキツいし作業着は汚れるし、怪我する危険のある仕事だ。

外仕事の場合は天候に左右され夏は暑く、冬は極寒の中、肉体労働に従事する。

快適な室内で事務仕事をしているホワイトカラーとはオシャレなカフェと刑務所くらいの差がある。

体力勝負の肉体労働は歳を食ったら厳しくなるというデメリットもある。

 

女にモテないから

土方や工場等の作業着を着る仕事は清潔感が無い為、女性受けがあまり良くない。

一部ではガテン系好きな女性も居るが恋愛市場では公務員等のホワイトカラーが人気を独占している。

女性にモテない=負け組と捉えられても仕方無い部分はあるだろう。

給料は低くなくてもブルーカラー=作業着で薄給という先入観があるからモテない。

女性受けを良くしたい場合はスーツを着る仕事に転職した方が良いかもしれない。

 

中卒や高卒が多い

ブルーカラーは学歴不問の仕事が多く、低学歴でも正社員になることが出来る。

土方やトラック運転手などの肉体労働は中卒の元ヤンキーやDQNも働いている。

ブルーカラーの現場にも大卒は居るが、だいたいFラン大出身だったりする。

趣味のレベルが低く休憩時間はタバコを吹かしながらパチンコと女とソシャゲの話が中心。

 

給料が安いイメージがある

ブルーカラーの仕事はキツイわりに薄給である場合が多いのも負け組と言われる原因だ。

たしかにホワイトカラーで大企業に勤めている人と比べると薄給だろう。

しかし工場の正社員はボーナス含めると年収300万~500万くらい貰える為、家庭を持つことも十分可能である。

肉体労働は薄給なイメージが付いて回るが給料面はホワイトカラーと大して変わらなかったりする。

田舎では高卒で町工場に就職することが出来れば食いっぱぐれはなくステータスにもなる。

 

ブルーカラーが勝ち組になる方法

ブルーカラーが勝ち組になる方法は、

・工場勤務系youtuberになる。

・転職系アフィリエイターになる。

・期間工になる。

・ホワイトカラーに転職する。

 

 

工場勤務系youtuberになる

ブルーカラーが勝ち組になるには工場勤務系youtuberになるのも一つの選択肢だ。

「実家暮らし工場勤務の1日」のようなルーティン動画を撮ればかなり再生数を稼ぎやすい。

世の中には同じようなブルーカラーや非正規が多いから、共感を得やすいのである。

日常に変化が無いニート系youtuberより人気が出やすいからおすすめ。

 

転職系アフィリエイターになる

期間工や工場で働いた経験を生かして転職系アフィリエイターになる。

転職系のアフィリエイト案件は単価が高く月200万以上稼いでいる人も居る。

工場勤務経験者だと深い体験談が書ける為、転職希望者に役立つ記事が書ける。

アフィリエイトはライティングやマーケティング等のスキルを自然に習得できる。

 

期間工になる。

期間工は非正規ながら年収500万以上稼ぐことが出来る。

大企業の直接雇用で下手したらそこらの正社員よりも高い給料が貰える。

期間工ループを繰り返して貯金を1000万以上貯めた人も居るらしい。

まとまった貯金を作って起業したり何か始めるというのはアリだろう。

 

ホワイトカラーに転職する

まだ20代ならブルーカラーからホワイトカラーに転職できる可能性は十分ある。

宅建を取って営業マンになったりプログラミングを勉強してエンジニアを目指したり..

ホワイトカラーは収入が高い傾向があり、年間休日120日前後と条件が良い。

何より楽なデスクワークの仕事に就いておいた方が歳食っても働けて将来性がある。

肉体労働からホワイトカラーに転職したい人は転職エージェントに登録しよう。

既卒・フリーターでも内定率80%超え!【ウズキャリ既卒】

 

ブルーカラーもホワイトカラーも同じようなもの

ブルーカラーもホワイトカラーも会社から給料を貰う賃金労働者であり、社畜には変わりはない。

労働者という括りの中ではホワイトカラーの方が上かもしれないが同じようなものだ。

ストック性が無く、大して給料も上がらず、人脈も知名度も増えず、スキルも身に付かない。

そんな仕事を続けて未来はあるのだろうか?

キツイ仕事を嫌々やっている人はもっと効率の良い働き方があることを知っておいた方が良いだろう。

ブルーカラー、ホワイトカラーに限らず誰でも出来る単純作業はAIに奪われる可能性が高い。

まあどんな仕事であれやりがいや誇りを持って働けている人は勝ち組だと思う。

 

まとめ

ブルーカラーが負け組底辺と言われる理由は職場環境が主な原因である。

学歴が無いけど稼ぎたいという人にはブルーカラーは向いているかもしれない。