無気力雑記

引きこもりニートの雑記

Twitter依存をやめたい?SNS中毒の原因と治す方法

f:id:mutr:20201229224803p:plain

常にTwitterにログインしているツイッター中毒は多いと思う。

ツイ廃をやめるだけで膨大な時間が浮いて人生の充実度が上がる。

Twitter中毒を抜け出す方法について書いていきたい。

 

 

ツイッター依存になる原因

承認欲求を満たしたい

ツイ廃になってしまう人はリアルで孤独を感じておりいいね。を貰うことにより承認欲求を満たしたいと考えている。

病み垢は弱気なった時に甘やかして欲しいと考えている構ってちゃんも多い。

フォロワーからの反応が得られなかった時に承認欲求に振り回されてしまうケースもよくある。

ツイッターは手軽に発信出来るが人との距離感が近く消耗しやすいのがデメリット。

言うほど承認欲求を満たせないのも俺がツイ廃をやめた理由だ。

 

ビジネス目的

最近だとビジネス目的でTwitterを始めた結果、ツイ廃になってしまっている人も多い。

Twitterはリツイート機能がある為、拡散ツールとして非常に強力な媒体である。

ブログと違って140文字以下で成り立つ手軽さゆえにビジネス畑と化している。

フリーランスが集まって実社会のごとく競争を繰り広げているのだ。

自己啓発ポエマーみたいなビジネス垢はメインの事業で成果が出てない人だろう。

本物の起業家はツイッターでlineのリストを集めたり情報商材を売る必要は無いからだ。

 

フォロワー数&いいね稼ぎ

ツイッター中毒の中にはフォロワー数&いいねを集めるゲームに夢中になっている人も居る。

今年中に万垢を目指すと宣言したりRT企画を連発しまくったり。

その結果、得られるのは数だけの人脈と吹けば飛ぶような薄っぺらい繋がりのみ。 

確かにフォロワー数は影響力や権威性を図る指標のようなものにはなるが、

どれだけいいねやフォロワーを集めても実力が伴わなければ意味がない。

ちなみにSNSでは凡人の方が共感されやすくフォロワーが増える傾向がある。

 

ツイッター中毒を治す方法

ツイッター中毒を治す方法は以下。

・ブログやyoutubeにコミットする

・実生活を充実させる

・botさせる

・ツイートしたらタブを閉じる

 

ブログやyoutubeにコミットする

Twitterはフロー型の発信で労働に近く、一生アウトプットし続けなければならない。

それに対してブログやyoutubeはストック型なのでコンテンツが資産になる。

時間は掛かるもののブログやyoutubeを育てた方が将来的には楽になれるのだ。

フロー型からストック型に切り替えることによりTwitter依存を脱却出来る。

暇になりたいならツイッターではなく仕組みを作りに時間を掛けた方が良い。

 

実生活を充実させる

ツイッターはニートや人生に行き詰まりを感じている人ほどハマる傾向がある。

一日中ツイッターにログインしている人は相当ネット依存度が高いと思われる。

SNS依存を抜け出すにはネットより実生活を充実させるはことが大事である。

仕事をしたり実生活が忙しくなればTwitterをしている暇はなくなるはず。

 

bot化させる

Twitterのアカウントをbot化させるというのも有効だ。

botは数百通りのつぶやきを登録して数時間間隔で流すことが出来る。

反応が良かったツイートをまとめてbotを作るというのはわりとおすすめ。

ツイッターを自動化させれば毎日ツイートするという労働から抜け出せる。

  

 ツイートしたらタブを閉じる

自分がよくやっているのがツイートしたらアプリもしくはタブを閉じるということだ。

タブを閉じればツイートした後に反応を伺う時間を省略することが出来る。

いいねが付くかどうか気になってしまう人には効果があるはず。

Twitterを辞めたい場合は垢を削除してアプリをアンインストールしたら良い。

 

Twitter依存をやめたらどうなるのか? 

かくいう俺も一時期ツイ廃になって1日20〜30ツイートしていた時期がある。

今はツイート数が大幅に減っており1日10回程度に収まっている。

f:id:mutr:20201230000644p:plainフォロワーは減っているが、なぜかプロフィールへのアクセスは増えている。

たぶん量を減らした分、一つ一つのツイートの質が上がったからだろう。 

Twitter中毒をやめたらフォロワーは減るが、やりたいことに費やせる時間が増える。

ブログ記事を書いたり作業の合間に少しだけツイートするというのが理想的だ。

あと、タイムラインに流れてくるインスタント情報に惑わされなくなる。

情報収集するにしてもタイムラインよりニュースや書籍の方が良質なものが手に入る。

Twitterは共感を重視したSNSだから自己主張が激しすぎる人には向いてないかもしれない。

向き不向きはあるのでツイッターが楽しいと感じる人はツイ廃をやめる必要は無いと思う。

 

まとめ

Twitter依存を治せば、膨大な時間が浮いてやるべきことにコミット出来る。

今のTwitterはビジネス系の人が多くてかなりレッドオーシャン。

SNSではなくリアルでも承認欲求を満たせるように努力しよう。