無気力雑記

引きこもりニートの雑記

他人と比較するのは無駄。人と比べると不幸になる。

f:id:mutr:20210101234512p:plain

自分と他人を比べて劣等感を感じたり落ち込む人は多いはず。

人と比べるのは無意味で、幸福度を下げる原因にもなる。

他人と自分を比較しない方法を紹介する。

 

 

他人と自分を比較するのは無駄。

なぜ他人と自分を比較するのが無駄かというと、

生まれた場所、親、能力、容姿などそれぞれ違った条件で生まれてくるからだ。

例えば、俺は実家が太いかつ高身長で大して劣等感を感じずに生きてきたが全ては縁の力である。

仮に低身長ブサイクに生まれていれば、年収1億でも劣等感を感じていたかもしれない。

学歴や年収は努力次第でなんとかなるけど、生まれ持った容姿というものは変えられない。

人生の勝ち負けは生まれた時点で、ほとんど決まっているのに他人と比較するなんて意味ないよね。

ホワイトカラーとブルーカラー、正社員とアルバイトのように労働者の中で競い合うのは愚の骨頂。

世の中、上を見たらキリがないが頂点は間違いなく経営者、プロスポーツ選手、芸能人だ。

一般人、いわば持たざる者が他人と比較するのは無意味なのである。

 

人と比べるのは不幸の始まり

人が不幸になる時というのは得てして他人より自分が劣っていると感じる時だ。

頑張りや努力が報われない時にも承認欲求が満たされず挫折感を味わいやすい。

つまり、不幸とは他人との社会的比較の中で作られる

周りの人間が自分より優れていると感じた時に自尊心を保つ為に見栄を張る。

見栄を張って生きることは自分の人生を生きていないのと同義だと言える。

住んでいる世界が違う手の届かない存在なら比較対象にすらならないものだが

同レベルに感じる人が成果を出すと嫉妬感情が沸き起こりルサンチマンを刺激する。

これは学校や職場などのコミュニティに属しているとよくあること。

 

 他人との比較をやめる方法

他人との比較をやめる方法は以下

・SNSのタイムラインを見ない

・人と関わらない仕事に就く

・年収を比べない

・やりたいことをやる

 

 

SNSのタイムラインを見ない

インフルエンサーやSNSのキラキラした投稿を見て落ち込んでしまう人は多いはず。

ツイッターのタイムラインを見ないようにすれば、他人と比較したり影響されることはなくなる。

インフルエンサーの投稿含め99%の情報は無駄だからSNSは見なくても問題ない。

SNSでは、本当に必要と感じる人だけをフォローして不要な情報をミュートしよう。

 

 

人と関わらない仕事に就く

他人と比較競争してしまう時というのは、得てして仕事をしている時だ。

時給900円のアルバイトでもその中で競い合ってしまうのが人間なのである。

学校にせよ職場にせよ組織に属していると、どうしても能力に優劣が出てくる。

在宅ワークや人と関わらない仕事をすれば、自分がオーナーだから王様のように振る舞える。

独りよがりで成立する仕事に就いてある種、自己完結的に生きることが人と比べないコツだ。

 

やりたいことをやる 

他人と比較してしまう人は、そもそもやりたいことをやってない場合が多い。

自分が本当にやりたいことをしていないがゆえに他人の生き方に気になってしまう。

まずは自分のやりたいことや楽しいと感じることを見つけることが先決だろう。

信じた道を突き進む覚悟が出来れば、他人と比べることはなくなる。

 

年収や学歴を比べない

派遣やバイトで年収200万の人が年収500万の正社員に対して劣等感を抱いているケースは多い。

時間と労働力の切り売りでどれだけお金を稼いでも所詮はラットレースだと思っている。

自分の実力やスキルで金を生み出せなければ、自由を得ることは出来ないからだ。

同じような理由で学歴を競い合うのも無意味である。

この感覚はフリーランスで自由に働いている人にしか分からないだろう。

 

成果が出なくても焦るな

世の中を見渡していると、早く成果を出そうと生き急いでいる人が多い。

忙しく働いて頑張りすぎるから成果が出ない時に不幸を感じやすくなる。

 

成果が出ない原因は主に

・戦っている場所が悪い

・知識やスキルが足りない

・自己流に拘る

 

自己流でガムシャラに行動しても成果は出ないし大抵失敗する。

つまり成果が出ない人がやるべきことは行動することでは無く学びに時間を掛けること。

無駄な情報ばかりが溢れている中、いかに本物を見分けられるかが大事。

99のインプットを行えば、自然と良いアウトプットが生まれるものだ。

短期目線で成果を求めるのではなく、長期的な視点を持つことである。

 

過去の自分と比較しよう

他人と比較するのではなく、過去の自分と比較するようにすれば良い。

1年前の自分よりスキルが身に付いていたり、やれることが増えているなら大きな進歩。

例えば、このブログにせよ1年前の文章を読むと恥ずかしいと思えるほど成長している。

わずか1年や2年で人は変化するものだなぁと実感する。

知識や経験は蓄積していくものだし、小さなことの積み重ねでしか人生は変わらない。

今何もないなら一発逆転とか考えずに出来ることをコツコツやるしかないのである。

 

まとめ

他人と自分を比較するのはほとんどの場合、無意味である。

悩みの大半はどうでもいいこと。マイペースに生きれば良いのだ。